忍者ブログ
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[02/22 ひぃ]
[01/04 ひぃ]
[11/02 またまたサトウです]
[09/10 スペルマンス]
[08/14 サトウです~]
最新トラックバック
(10/02)
(05/05)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「○○と言えば嘘になっちゃいますけど…。」っていう日本語表現が可笑しくって仕方がない!

尾木です。

 

土曜日に種松山で行われた「厳状打破」の会場に居た全ての人、お疲れ様とありがとう!

今年で無事3回目を終えた厳状打破野外スペシャル。

主催者側として、出演者として、観客として、大いに楽しみました。
当日はなんやかんやで動きまくっていて実感がなかったのですが、終わってみて改めて2009年9月26日を振り返ってみると無視できない楽しい事がたくさんあったなぁと思っとります。

なんつっても今回はルージンマン西村君の、普段彼を知っている人なら誰一人予想できなかったであろうパッション溢れるライブは本当にテンションがあがった。
メロウに歌い上げる「君が代」はグッ!!!ときた。

バンドのライブが終わって明朝まで続いたDJ タイム。
DJ ブースのサウンドシステムを貸してくれた福山のドラムンベースのDJ Fucked Up!?のプレイは踊らされた。躍らされた。
「やっぱねぇ、髪伸ばさないとモテナイヨ。」とはFucked Up!?ことフクちゃんの弁。ルードボーイですな。イヒヒヒヒ。

「おー久しぶり!!」と言いながら手招きをしているにも関わらず自ら近寄ってきてくれたススムタニモト!
残念ながら彼のステージは、キャッシャーにいたので見る事は出来なかったが、離れたキャッシャーにまで聞こえてくる音と言葉で彼がとんでもない表現者になっている気がしてワクワクした。
彼が、色んな物を詰め込んだでっかぁ~い自分のカバンを開けたら一番上にシュークリームがあったのを見たときは微笑ましかった。


懐かしい友達や可愛いあの娘、おっちょこちょいなアイツや、お久!なあの人まで。

種松山ではそれぞれの色んな時間が流れていたことでしょう。


個人的には、なんつーか「…あ!そうか。ん~なるほどねぇ。フムフム。」と思う事があり今後の自分の行き方がフンワリとイメージできましした。

始まる前日まで色々思うことはあったのですが、いざ始まってみるとなんのこたぁない純粋に楽しめたイベント。
厳状打破というもので野外のイベントを必ず続けていくべきだと再確認しました。

また来年もぜひお付き合いくださいな!

PR
COMMENT FORM
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
PASS
COMMENT
TRACKBACK
この記事にトラックバックする:
アメビ HOME 野外