忍者ブログ
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[02/22 ひぃ]
[01/04 ひぃ]
[11/02 またまたサトウです]
[09/10 スペルマンス]
[08/14 サトウです~]
最新トラックバック
(10/02)
(05/05)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドス黒い。濃い一夜を終え、死にかけの四人。

そのまま気合いで、銀閣寺へ。

7時半着。開門8時半。


なんとか待つ。

いざ入ると銀閣寺は修復中(笑)しかし、風景や、苔、空気に癒しを受ける。

しかも御朱印帳を買いてくれたおばちゃんが、なぜか銀閣寺の二階部分に普段は有り、修復中のため、特別な部屋に安置された、仏を見させてあげると言う!

部屋に入った瞬間に鳥肌ビンビン。 やばかった。

八ツ橋買ったり、漬物買ったりして、銀閣寺を離れる。

ふらふらしていると、ナビに『妙心寺』の文字。

旅がタイトになると予想し、聖紅サンの激プッシュを抑えて諦めていた場所。

この寺には、どこから見ても目が合う、下り、上り、と表情を変える、12mもの『雲龍図』がある。

ガイドに連れられ、建物に入り、上を見上げた瞬間にぶっ飛んだ。まさに衝撃。驚愕。声が出なかった。

全てを喰らっていた。


ゆっくり見れなかったのが無念。
八月に何日か、解放日があるみたい。
絶対行く。みんな行こう。
価値観変わるよ。
構想3年、製作に五年。

俺らなんて、まだまだまだまだ。

最後に見た一体の仏様は、俺らの全てを包み込むかのような表情で、こちらを見てた。

そこからは、そのまま大阪に行くミツキさんを送り、わなかで激ウマタコ焼きを食い、旅の終わりに寂しさを引きずりながらも帰路へ着く。

久々に音楽以外の話しなんかしたり、今回の旅について話したり。

旅が終わりかけにさしかかった頃、奇跡は起きた。

高速から見る景色が、夕日に照らされ、黒ずんだ雨雲が綺麗に光る。
今までに見た事無い程、綺麗な、綺麗過ぎて、エグク、恐くなる程の空だった。

そこに向けて走るような、変な感覚になった。

色々な、本当に色々な思いが、一気に頭を駆け巡り、交錯し、無意識に異常な程の涙が溢れ出た。

多分二人にはバレてない(笑)

あんなに涙が出たのは本当に久しぶり。

人は常に痛みを負って生きてる。
たまには涙で流さなきゃいけんのかもね。

俺には何かを見て、聞いて、感じて、話して、共感したり共鳴出来る仲間が沢山居る。
最高に幸せな事だ。

この仲間と今のまま、ずっとやっていたい。

そのめにはするべき事は腐る程有る。

やるしかねー。
この旅でまた一層考えれた、少しは大きくなれた気がする。

全てよ。ありがとう。

PR
COMMENT FORM
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
PASS
COMMENT
TRACKBACK
この記事にトラックバックする:
情報操作による感情淘汰 HOME 京都行ってまいりました。 龍