忍者ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[02/22 ひぃ]
[01/04 ひぃ]
[11/02 またまたサトウです]
[09/10 スペルマンス]
[08/14 サトウです~]
最新トラックバック
(10/02)
(05/05)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

7時起床。8時倉敷インタ-から広島方面へ向け出発。

昨夜の飲み過ぎ&一風堂の替え玉二回(25円フェア開催中)により、胃に激痛を抱えたまま出発。すなわち優雅な朝食などは程遠く、烏龍茶と胃薬により食堂と胃を洗浄しながら本日の目的地、「厳島神社」が立ち尽くす宮島へ向かう。

10時過ぎには到着。
とりあえず駐車場横に隣接された、牡蠣屋さんにて、焼き牡蠣を一粒200円にて頂く。

この瞬間に、本日は牡蠣を腹いっぱい食す事に決定。
紅葉と共に始まる牡蠣はまだまだこぶりなれど、味は濃厚かつ、身はぷりっぷり。その旨さには思わず悶絶!何粒でも、ずっと食べていたいと思わせられるのである。

JRのフェリーにて潮風を浴びながら10分程で宮島へドロップイン。


本日は日曜という事もあり、人ゴミ人ゴミ人ゴミ人ゴミ。

残念ながら、世界文化遺産にも認定される「厳島神社」の本当の良さなんかはこの人ゴミでは感じる事出来るはずが無ければ、素通り素通り素通りの連続。


元旦の最上稲荷しかり。人ゴミの中掻き分けさい銭を投げ、雑踏の中必死で祈る事が非常に馬鹿馬鹿しく感じるのは自分だけだろうか?


そもそも祈るとは、願う事ではなく、有り難きを捧げ感謝する事ではないのか?と自分はここ数年実践しているのであります。



信仰や、思想が自由っつーのは、それだけ自分なりの想像を広げ眼をつぶり真実を見つける作業への道しるべ的な言い回しかと思うのであります。


まあそんなんええか。
「厳島神社」を早めに切り上げ、実は今回の本当の目的「宮島」にそびえる「弥山」(Mt.misen)へのロープ-ウェイ登山~歩行での下山を試みるためここはしっかり腹ごしらえを。

「宮島」には沢山の露天やら商店がある。店舗に入り、対して味の違いの無い牡蠣メシや穴子メシを高値にて食す事に疑問を感じるアナーキ-な私は、もちろん今回も同行のウーパルー子さんと共に、缶ビールを購入し格安露天にて、焼き牡蠣、チーズベーコン天、牡蠣フライ、牛マン、味噌餅、牡蠣メシなどで腹を満たしたのである。

ちなみにこれら金額全部足しても、普通の店で穴子メシや牡蠣メシ、一杯ずつ食えまへん~


腹も、アナーキストな心も満たした、26歳、激貧二人組は意気揚々と「弥山」へ登るロープ-ウェイへと歩く。


道中すでにコケやシダ植物がうねり上げ、太陽の近くから色づいたグラデーション紅葉に癒されるバカ二人。

ロープ-ウェイに無事乗り込み、人数調整の為同乗と相成った、チョイゴス系(こんなんある?)の、これから軽い登山があるのにその厚底?な靴に、必死に笑いをこらえながら、徐々に色づいた紅葉を楽しみながら「弥山」山頂手前、30分の地へ到着。


もちろん、チョイゴス娘は、そのままロープ-ウェイの降り口へ向かった事は言うまでもありまへん。



しかし、往復1800円のロープ-ウェイ代金払って、山頂の景色も見ずに帰るかね?普通(笑)
だから日本人はアホなんや。
財を築き感性は衰える一方。
往復っても30分無いんよ?1800円よ?
あれね、「ロープ-ウェイでいくら1800円払っても、頂上の景色は見せません。もし見たいならそっからは歩いて、少しはしんどい思いして頂上到着の感動を味わって下さい!」 ってゆー粋な計らいやと思うのね。俺はね。俺は。




まあええか




まあ確かにそっから30分はなかなかキツイんですけど途中にまた神社があったり、通りすがりの人達と微笑みあったりしながら頂を目指す訳ですわ。


残念ながら本日はキリが濃くてまったく景色は見えまへん!しかし、近辺の山々の頂や、キリの切り目から見える景色、幻想的な視界に夢うつつ。おっっっきな石に寝転びながら考え事に興ずる。

最高の一時でやんした。



ゆーっくりしたいのもつかの間、我々「激貧敏感感じ隊」の二人は、少しでも「弥山」の偉大さを感ずるべく、徒歩での下山予定。

日が落ちてしまっては危険が高まると、午後4時に下山開始。

道は整えられているものの、かなりの急勾配。二時間弱の下山劇ながらも、自然の力を吸い込んだ我々「吸いたい吸いたい感じ隊」は大満足!

途中、陽気なスペイン人カップルが、あまりの急勾配&険しい道のりに笑顔で「crazy!!」と叫んでいた程、なかなか険しい下山であった。

下山すると辺りはもう暗く、私達は最後に各自の土産の買い付けを敢行!私は我が大社長から指定指名を受けた「だいだいポン酢」を購入完了!

そして食べ歩き最中に発見した「子持ちこんにゃく」なる、安価の旨摘みを購入。

ルー子師匠は「あなごメシ」と「紅葉饅頭」各種を購入!


これにて「宮島」の旅終幕!
夜景をボケッと見ながら、足がガックガクの私とルー子さんは、今回の旅の最初目標!

尾道ラーメン「東珍康」へ!


ベーシックかつ、旨味の強いスープに味噌風味のチャーシュー&背油。

ラーメンにピッタリのパラパラチャーハン&ニラたっぷりの餃子をしばいて満腹、満足!!


これにて本日は終幕!



ちなみに次回は朝から「弥山」登山。

昼過ぎに下山し、食べ飲み歩き。

夕方~静かめな「厳島神社」を満喫し

笠岡ラーメン


この流れでの旅を計画中!!
アナタも一緒に行きましょう!


先着順にて、我が家で、大社長激プッシュの「だいだいポン酢」を使用した鍋を開催予定!野菜や、肉を持ち寄り是非!
PR
COMMENT FORM
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
PASS
COMMENT
TRACKBACK
この記事にトラックバックする:
オヒサビさ HOME 鶴瓶軽部ソルベ