忍者ブログ
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
[02/22 ひぃ]
[01/04 ひぃ]
[11/02 またまたサトウです]
[09/10 スペルマンス]
[08/14 サトウです~]
最新トラックバック
(10/02)
(05/05)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

備前焼探索→血洗瀧

昼前、前日の飲みすぎを引きずり出発。


マルゴにてブラックで目覚め




有名作家の記念館にて、カレーを食す予定で突入も、去年で終了との事。

されどしっかり、くっきりと人間国宝の作品を堪能




物販の高額さに脳震盪。



しかし、備前焼の大胆かつドスの効いた存在感にノックアウト。



この旅での安価なるグッドサイズ、カップ購入を心に決めたのである



備前 ご当地グルメである、カレーを何としてでも食さんとして、衆楽館なる場所へ移動。



ウーパールーパーはピオーネといちじくジャム、備前牛を使用した、キーマカレーを。


私は備前牛と日生のカキを備前焼の土鍋で食す、スープカレーを。



どちらもスーパーグッドな味。

値段もそこそこなれば、かなりの満足感を覚える+食卓に置かれた、ハバネロソースならんモノの辛さと酸味具合がこれはまたグッド。



店を出た後も、引きずられるヨウな辛さの快感に、わざわざTELをし、購入場所を確認。こちらも本日購入を決意。



備前の街中にて沢山の煙突を見上げながら、沢山の備前焼を吟味。



まして私のヨウな貧困具合甚だしいニンゲンが、ウン万円もするモノを購入出来るはずもなく、少し安価なモノを取り揃えた、観光客相手的なユルイ店にて、980円にてグッド過ぎるサイズのカップを購入。



同じ店にて、私のハートをかっさらったのは、備前焼のコーヒーカップに何とも切なくなるヨウなパタヤビーチ風の小さな木が植樹された一品。



840円というグッドプライスにも後押しされ購入を決意。




大満足の備前を後に車は一路、血洗いの滝 なる場所へ。



なんとも緑が深く。長い間、人が通っていないのがわかる程の道中。わくわくが納まらない。



車を停め、生身で息を吸い込めば、その場所の大切さを知るに時間はかからず、足取りも軽くなり、水の音のする方へ足を進める


ここは本当に緑が深い。




シダ植物が唸りを上げ、冬の木々に巻き付き、苔達が一斉にこっちに向かって緑の素晴らしさと脅威を叫ぶ。


滝から落ちた水は岩肌で凍り付き、氷柱をなす。



滝壺で渦を巻く水はエメラルドに輝き、ゴボォッ!ゴボォッ!と轟音を響かす。





眼で。



耳で。




体全体で





偉大さとはかなさを感じた。





真冬の滝もなかなかよろしいですぞ。






最近の真骨頂は早寝早起き。




そのため日が暮れ出す頃には帰路に。



業務スーパー

ならん場所にてハバネロソース、同系ペッパーハバネロソースをゲット。


この旅で手に入れると誓った全てのモノをゲットし、今夜の晩酌材料と共に帰宅。


備前焼カップにて安物ビールを煽り、豆乳鍋を喰らい、すぐさまに襲う眠気に対抗意識などまったく抱かず


ウーパールーパーと共にデブ一直線。喰って寝る!スタイルを今夜も敢行。



これにて1月17日は日付の変わらぬ間に終焉を迎えたのでありました。
PR
COMMENT FORM
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
PASS
COMMENT
TRACKBACK
この記事にトラックバックする:
お知らせ HOME 不調デストリAN